[1:4] 4つの人
1 ナマエ:あすこっと 1999/01/12 07:14
こんにちは。しっかりとしたResを書いていただいて、ありがとうございます。
やはり、たいへん興味深い内容でした。ここへ来れたことを、嬉しく思います。

>(自作機)これから組立です、しかしまったく組み立て方がわからん(T_T)
ボクに組み立ての知識があれば、そちらまで伺って、といったところですが、ボクも素人ですので、行っても邪魔になるだけ、ですね。
もし機会があれば、一緒に秋葉まで買い物に行きませんか?ここでは「能力もないくせに威張る似ても焼いても食えない者」を振る舞ってますが、実際のボクはタダの19歳の学生ですので。

と、それと、今日はちょっとしたResに対する所感でも残していきます。
少し長文になるかもしれませんが、ご容赦のほどを。

論語を読んでいたときに思ったのたのですが、この世には4つの人種が存在するようです。
1つは、為政者。権力を持っている人々のことですね。
1つは、識者。この人種については、いろいろ解釈の分かれる人種だと思います。
1つは、民衆。多くがこれに属しますね。どこかの書籍では望む人々、とも書かれていました。
逆に為政者は与える人々、ですね。
そして、最後に、世捨て人。望むことも与えることもない人々。
ボクはおそらくこれになることを望んだのだと思います。

孔子自身は識者に当たり、ランスさんもおそらくこれに当たるのでしょう。孔子は世捨て人を否定します。為政者や、民衆は否定しません。多くを求めることはありますが。
ボクもある部分では識者でありたいと望んでいます。この世が私の帰属するべき場所なら、私はそこに帰属するでしょう。でも、これは民衆以上に我儘な存在、ですね。否定されて当然だと思います。最も自分のことだけを考えた人種なのですから。
それでも、季節は美しいものです。今日も青空はとても澄んでいます、と言ってしまえば、全ての話は成り立たなくなってしまうわけです。すべてを得るのは、たいへん難しいことのようです。

ただ、世捨て人であるためにも、それなりの知識がいります。
その必要分の知識は、手に入れていきたいとは思っています。
ボクの嫌うメディアからではなく、ボクが信用できる方々から。

と、ランスさんの文を読んで、このように思ったわけです。
知識の必要性を再認識できたことが、今回の会話でのボクの得た報酬、ですね。
さて、公の掲示板をボク1人がこれ以上占有するのはあまり好ましいことではなさそうです。

いずれ、気になる言葉が出てきたら、反応させていただきます。
それでは。
2 ナマエ:魔王ランス 1999/01/14 01:25
秋葉ぜひいきましょう、参加者募集中(爆
それとどんどん書き込んで下さってOKですよ

今回はなかなか難しい文章を(俺的にはそう感じる、アタマ悪いから)ありがとうございます。
そうですか、俺は識者に属するんですかー。
なんだかインテリゲンチャの人々が多そうで俺なんかは恐縮モンです。

さて、近況ですが俺は現在テスト期間に突入してしまったので今月は更新できそうにありません、皆様申し訳有りません。
政界では自自連立危うくなってます。とくに関心を引くのは自衛隊の問題でしょう。
俺は現在の憲法第9条下では後方支援も出来ないと思います。
というのは現代戦において後方兵站の重要性は正面向き合う戦力(戦車とか歩兵とか航空機)と同格若しくはそれ以上であるからです。
つまり立派な軍事行為であり、
「紛争を解決する手段として武力を行使しない」
という憲法に絶対に抵触するからです。

そこで俺は憲法改正を主張するのであります!
政府もよくもまぁとってつけたような解釈を自衛隊発足以来続けてきたもんだと半ば呆れ、半ば関心しますが、いよいよ限界にきたと思います。これから国際社会に貢献する為には絶対に必要不可欠です。
まぁ自分はまだ憲法学んでまだ1年しか経ってないんで法の観点からあまりエラそうなことは言えないんですが、コレだけは言わせてもらいます。

皆さんは自衛隊をどう思ってますか?聞かせて下さい。
3 ナマエ:日向ゲンドウ 1999/01/15 01:54
うーん、あすこっとさんの文章には少々びびっています
論語とか孔子とか全く守備範囲外なもので・・・・
さて自衛隊のことですが、「現代の軍事学入門」という本が非常
に勉強になりました。
著者が元自衛官だけあって要点を得ていてしかも非常に読みや
すいので、初めてこの方面の本を読まれる方にはオススメです。
特にカンボジアでの話はあまりテレビなどでは放映されない現状や
何故自衛隊を派遣しなければならなかったのかも詳細に書かれてい
て大変為になります。

ランスさんの言われる通り憲法改正も必要だと思いますが、それ
以前に日本国民がもう少し「軍事」に対して理解する必要があると
思います。
さきほど紹介した「現代の軍事学入門」で気になる文章があります。

「軍事を知ることは戦争を考えることに繋がり、戦争を考える事は
 平和を脅かすことになる・・・
 しかし、軍事の事を知らなければ、戦争の事を考えなくてもよく
 なりそれは平和を追求する事になるというわけではない。」

今の日本では、「軍事の事を知らない=平和を追求する事」
という風に理解されていると思います。
これを改善しない限り残念ながら憲法改正は難しいでしょうね。

あと秋葉原。
私もぜひ行ってみたいなー。
パソコン好きにはたまらない街みたいだから・・・。
4 ナマエ:魔王ランス 1999/01/15 03:18:06

その通り、まずは国民の意識改革から。俺の主張する憲法改正だって国民投票で2/3の同意がなけりゃ不可能だし。賛否はともかく関心を抱いて欲しいものです。それと秋葉行き二人目決定ですね(^^;;