[1:3] 目には目を米国には核兵器を
1 ナマエ:愛国小僧 1999/8/16(月)03:28
再び、挑戦的な題目です。
よく反核運動とかやっていますが、あんな座り込み位で核兵器が廃絶されると本気で
思っているのでしょうか?
最近、特に原爆の体験談などを新聞、TVで見ると米国に対して無茶苦茶に腹が立ちます。
あの当時、原爆にやられた人たちは「敵を討ってくれ!」と言い残して
死んでいったのです。
当然、現代に生きる我々はその遺言に耳を傾けるべきでしょう。
「目には目を米国には核兵器を」これこそが最大の核兵器廃絶への近道でしょう。
つまり、核兵器保有国自身がとんでもないものを持っていることを身に沁みてわかるのは自らが
被爆国になるしかないのです。
非戦闘員である都市部の一般市民を一瞬にして、数万人単位で虐殺する核兵器の使用が
国際的な場で全く糾弾されないというのは全く理解に苦しむことです。
当時の戦時国際法に照らしても重大な国際法違反行為です。
結局は戦争に勝ちさえすれば何をやっても正当化できることの典型ではないのでしょうか!
いったい、この超大国を裁く国はないのか?
米国の崩壊をこの目で見たいものである。

2 ナマエ:たひやき小僧 1999/8/16(月)12:00
まあ、現状では核兵器が祖国侵略に対する最も有効な自制手段
なので祖国防衛の為ならやむを得ないかな、という気もします。

●よく反核運動とかやっていますが、あんな座り込み位で核兵器が
●廃絶されると本気で思っているのでしょうか?

我が国が現行憲法を破棄して核兵器を持ったらこういう連中が
なに言ってくるか、対応が面倒だな。(´_`)
やっぱり「身内」が沢山死ななきゃ分からんのかなぁ。
善良な平和主義者諸君には。

●「目には目を米国には核兵器を」これこそが最大の核兵器廃絶
●への近道でしょう。

僕は核廃絶なんて不可能だし無駄だと思います。
いづれは核に変わる新たな兵器が開発されますしね。

●米国の崩壊をこの目で見たいものである。

米国は目出たく内部崩壊しております(笑)。

3 ナマエ:時世 1999/8/17(火)18:57
私は核兵器には 反対であります。
我が国は「獣」ではありません。 神の国なのであります。
私の内部の敵の左翼は「平和」で共存できると悟っちゃっています。
勝手に自分達だけで。

しかし、これこそが皇国の、「発達した精神」ではないでせうか?
私は、最近なんか そんんな感じになっきました。

大量殺戮兵器を持つなど、昭和天皇の聖なる御意志に背きます
我が国は、ほかの国とはちがうということをみせなければ・・

しかし、そうはいってもみんなが死んだら終わりなんですけどね・・
うーむ・・難しい・・みっと精進せねば・・


doBBS