[1:6] さて、問題です。
1 ナマエ:野次馬三太郎 1999/08/30(Mon) 18:00:20
連続投稿になってしまいました。
おまけに、参照WEBとか書いても↓もう変っているってば(笑)。

さて、以前栗田中将について議論されましたが、
敢然とレイテ突入を敢行した西村艦隊についての問題です。
^貶的な結果になりましたけど、米軍の被害と我が軍の被害はどの位だったでしょうか?問題です。
△泙拭∋嵋狠羮率いる第五艦隊は米軍の戦史からはどのように批評されて
いるでしょうか?

2 ナマエ:ランス/鐵扇會  1999/08/30(Mon) 19:36:20
米軍の戦力は戦艦6,巡洋艦6、駆逐艦30以上でした。
対して西村艦隊は戦艦2(扶桑、山城)、重巡1(最上)、2等駆逐艦4です。

もとより西村長官は死を決意しており、出撃前夜に別れの杯を各艦長らと交わしていましたが、そこには微塵も悲壮さを感じさせませんでした。
遙かに優勢な敵(西村提督は米軍の戦力をほぼ正確に掴んでいた)に一泡吹かせてやろうと誰もが明日の決戦を夢見ていた。
これら実状を知らずして、レイテ突入を無謀だとか批判するのは、提督・将兵に対して無礼であろう。

さて、問題の答えは・・・
<日本側>

駆逐艦山雲、満潮−−−→魚雷艇と交戦、被雷沈没
駆逐艦朝雲 大破後退

山城−−−→被雷、弾薬庫誘爆、轟沈
扶桑−−−→(米旧式戦艦の砲撃)被弾、炎上横転転覆
最上−−−→被弾、火災発生、消火不能、僚艦により撃沈処分)

駆逐艦時雨 小破生還(ブルネー泊地)

山城が被雷したときの西村提督の言葉こそまさに海軍軍人らしい素晴らしい言葉ではないか。
「ワレ魚雷攻撃受ク。各艦ハワレヲ顧ミズ前進シ、敵ヲ攻撃スベシ」

<米軍側>
魚雷艇、駆逐艦、砲撃により数隻沈没

はっきり言って、米軍側の被害はよくわからんです、手持ちの資料では(T_T)


△諒の問題の答えもわかりません。
ダメだなぁ・・・。

3 ナマエ:田中 静壱  1999/08/31(Tue) 00:07:01
弱将「栗田 健男」の投稿者としてはお恥ずかしいのですが、レイテに関しては
良く憶えていないと言うのが本当の処です。米軍被害ですがレイテに限定すると
ちょっと違うと思うのですがこの様な被害状況だったと。(沈没だけですが)

軽空母    プリンストン
護衛空母   ガンビアベイ・セントロー
駆逐艦    二隻
護衛駆逐艦  一隻

総じてこの程度の被害だったと思います。
レイテの米海軍の兵力はマッカーサー将軍率いる南太平洋方面軍指揮下のオルデンドルフ提督率いる、旧式戦艦六隻、重巡四隻、軽巡四隻、駆逐艦十一隻 だったと記憶していますが・・・・違ったかな?

4 ナマエ:ランス 1999/08/31(Tue) 01:21:14
関係ないですが、護衛空母ガンビア・ベイを撃沈したのはどの艦なんでしょうね。
大和or金剛なのは確実なようです。

俺としては大和が撃沈したと考えてます。
日本側の記録では大和の2斉射目でガンビア・ベイが火柱を上げて真っ二つに引き裂かれ轟沈したとなってます。

ただ、大和は鉄鋼弾を使用していたのだから装甲の薄い護衛空母ごとき相手では貫通してしまい爆発しないという否定的な意見もありますが・・・。
でも当たり所によっては貫通しないで、最下甲板で爆発って可能性もあるんじゃないかなと思ってます。
5 ナマエ:西村祥治 1999/08/31(Tue) 10:15:14
西村中将と聞いては出てこざるを得ませんが、実は、私ミッドウェー以後の戦記ものについては、小学生の頃から、涙、涙で読むに耐えませんでした。あの戦争がどうであれ、実際に戦った人たちには頭が下がります。
 西村中将については、劣勢に関わらず、従容として死地に赴き、旗艦山城は炎に包まれ、生存者は殆どいなかったと、本を読んだ記憶があります。
 小沢中将の「実際に戦ったのは西村君だけだ。」というのがせめてもの慰めだと思います。(小沢中将も十分に戦ったと思いますが。)
 確か「オルテンドルフ」はスプルアンス級駆逐艦の名前にもなっており、かつて(今も?)横須賀にいました。
6 ナマエ:野次馬三太郎 1999/09/01(Wed) 09:06:23
適確な出題ではなかったようです。ゴメンナサイ。
広義のレイテ沖海戦ではなく、西村艦隊のスリガオ海峡夜戦についてです。
===================================================================
オンデンドルフ艦隊 戦艦6 重巡6 駆28
他にボーリング中佐指揮の魚雷艇群が45隻

対する西村艦隊 戦艦2 重巡1 駆4

〃覯未蓮ΑΑ
駆逐艦時雨1艦を除いて全滅。戦死者約4000人以上
西村中将、山城艦長篠田少将、扶桑艦長阪少将以下ほぼ玉砕。
生存者 山城・扶桑各10名! 駆逐艦3艦計40数名!

米軍は
駆逐艦グラント大破 魚雷艇493号 沈没
戦死者39名 負傷者114名
(なお、グラント被弾の内11発は味方(米軍)の誤射によるもので、
 帝国海軍の命中は7発のみ と言われている)

海戦史上まれにみる一方的なスコアとなった。

小沢長官「あの時まじめに戦争をしたのは西村一人だった」

∧謄皀螢愁鸚鏥にはこうあります
『(レイテ沖海戦の)全戦闘を通じて日本軍指揮官のうちで、
  最も知的な行動は志摩提督の退却であった』

なお、志摩中将と西村中将は海兵39同期ですが、志摩中将の方が先任だった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
帝国海軍側の結果については(皆さん同様)知っていましたが、
長年米軍側の西村艦隊との交戦結果/被害状況が不明でした。
この度判明しましたので、ちょっと問題として出してみました。
結果が結果だけに、不適切でしたね。・・・・・・・


doBBS