[1:15] パキスタンでクーデター
1 ナマエ:大天君 1999/10/15(Fri) 16:05:29
パキスタンでクーデターがおきた事について皆さんはどう考えますか?核戦争でも起こされたらえらいことです。
2 ナマエ:野次馬三太郎 1999/10/15(Fri) 17:00:38
パキスタンとインドとの民族紛争の拝啓いや背景については、
あまり知識がありません。が、
よくある『後進国』の『発展途上のプロセス』の一つでは?
南米諸国しかり、韓国しかり、フィリッピンしかり。

ただ、他国や国際機関の介入を招き、結果的に+にはならないことが多いよう
ですね。
あと、厄介なことは『核保有国』という点ですが、抑止力という意味では
我が国も保有すべきかもしれません。

数年前、高田馬場の駅前で、○○派(非暴力左翼 名前わすれた)から
反核の署名を求められ、対して私は
『自衛隊は国軍となり、核武装すべきだ!』との意見を主張し、
相手方はたちまち数人束になって論争を展開すること約2時間!
結局意見の一致はみなかった、という経験がありました ・・・とさ。
3 ナマエ:ランス/鐵扇會 1999/10/16(Sat) 01:53:37
情報が乏しくまだ自分も判断つきませんね。
近日中に新政府(暫定政府か?)の施政方針が発表されるとか。

軍部はともかく、国民はクーデターを望んでいたのだろうかという点も気になります。
4 ナマエ:山本五十六 1999/10/16(Sat) 10:06:47
経済の方で圧力をかけていくらしいが、一度抜かれた剣は血を流さずに鞘におさまるものではない。

5 ナマエ:あぷろ  1999/10/17(Sun) 01:16:06
基本的に、おいらは対岸の火事だと思って見物してる。だって核ミサイルはどう飛んでも日本に届かねーもん(ひでー奴だな)。死の灰はちと怖いけどね。
で、詳しい事はぜんぜん知らねーのだが、おいらなりの感想。
おいらの身勝手なイメージだと、パキスタン国民はフセインのクウェート侵攻も支持していた過激なイスラム原理主義者ばっかで、ジハードの為には異教徒を何万人殺そうと平気のへーな連中だ(かなり偏った見方をしてるよ。本気にしねーでね)。それを何とか、まーまーと押えていたのが政府だった訳で、その重石がなくなり、そんな国民から多数徴兵されている軍人が政権を握った今、核戦争が何時起こっても不思議じゃねーよ。ジハードは何やってもOKだから、ヒンズー教徒なんて、何百万人殺しても殺虫剤撒いてるみてーなもんで、罪悪感も持たねーんじゃねーかな?。
まあムシャラフのオッサンがバカか、敬虔過ぎるイスラム教徒か、部下を押える実力がないなら、核ミサイル撃っちゃうだろうね。撃たずに、これを交渉材料にして北朝鮮みたいに立ち回れば上手く乗り切ると思うよ。軍事クーデターは必ずしも悪い方へ行くとは限らないから、結局お手並み拝見といったところかな?。
で、日本のとるべき立場なんだけど、ほっとけばいいんじゃない?。「遺憾である」とか「文民統治希望」とか声明だけ出しといてさ。いつもの手だよ。ただパキスタンにいる邦人には帰国指示を出して、インドには帰国勧告ってとこかな。あとは欧米の出方次第だろうね。これからどうなるにせよ、袋叩き組に付くのは当然として、出兵だけは避けたいね。コソボなんかだったら行ってもいいと思うけど、アジアにはどっちにもいい顔しときたい。それにイスラムの返り血は浴びたくないね、後が怖いし。まあ最終的にどっちかと言えばインドなんだけどね。将来の日本の大市場となるのはやっぱインドでしょ。
6 ナマエ:あぷろ  1999/10/17(Sun) 01:51:32
ちょっと追加。日本は核を保有すべきだって意見があるけど、おいらは反対。理由は簡単。今まで世界唯一の核被爆国としてさんざんプロパガンダ打ってきたのに、今更核武装なんてそんなみっともねーまねはできねーなーって思うから。やっぱ恥だよ。国家の威信に傷が付くと思うよ。世界中のいい笑いもんになんじゃねーかな?。
それよっか、おいらはたった一発でいいからICBMが欲しい。やっぱ、これからは百万の軍隊より一発のリベンジ兵器じゃねーだろうか?。所詮、軍備なんてはったりの噛まし合いだと思うよ。無論、弾頭は変則的に通常弾頭で結構だ。で、こう宣言しておく。「我が国は核兵器を製造する技術力があるが、わざと装備しない」ってね。抑止力としてはこれで十分じゃねーかな?。もし本当に戦争になったら、プルトニウム目一杯弾頭に詰めて発射すればいい。核爆発しなくても、それで命中した周囲一体は死の荒野だよ。この世に核ほどおっかねーBC兵器はねーからね。しかも禁止されてねーし。
7 ナマエ:ランス/鐵扇會 1999/10/17(Sun) 03:29:33
パキスタン情勢については、知識ないから「なるほど」と読ませていただいてます。でも日本の態度はちゃんと堅持すべきかと思う。いつものように「遺憾に・・」でやってるようでは、日本が国際平和に貢献する日は来ないだろう。
クーデター政府を否認するのか、それとも事態や今後の施政を考慮して認めるのか早急に判断を下すべき。

ところで
>プルトニウム目一杯弾頭に詰めて発射

日本みたいな狭い国なら汚染地域ができたらえらい損失だけど、デカい国にとっては別になんてことないのでは。被害範囲もたかが知れてるし。
また、核爆弾落として平気でいる某覇権主義国はあるが、ある意味核のゴミを投下したら世界世論はどんな反応するだろう。

核ミサイルは兵器であり、使用してもそれなりの大義名分なりがあれば情報操作で正当化することも可能であろうが、苦し紛れに核のゴミをぶっ放したという場合は、すごい憤激を買いそう・・。
核爆弾はちゃんと核分裂してある程度燃えて、その後の放射能汚染もその規模によるがさほど長くはないと思っています。対してプルトニウムなんてものはそもそも兵器じゃないし、不純物も燃えかすもえらくたくさん残るだろうから、相当長い間死の土地となるのではないかと思います。
(自分、原子力の原理は全然知らないから全然見当はずれかもしれません)

で、世論は「日本は世界に核のゴミをまき散らした」とどうこっちが大義名分を掲げても覆されない汚名を被ることになるでしょう。

「核兵器はまぁ認めても、核のゴミは許さない」なんていうある意味ヘンな世論が喚起する可能性は否定できないと思います。自分はなんかそういう気がする。
だいたいそれこそ恥知らずの行為だと思われるでしょう。

>百万の軍隊より一発のリベンジ兵器
確かに近代戦においては100万の軍隊がいるからどうだ!って威張れませんね。それよりいかにハイテク兵器を揃えているかが問われるでしょう。
これからは電子戦の時代かと思う。

8 ナマエ:あぷろ 1999/10/17(Sun) 07:40:09
一応、お断り。おいらの意見は、かなり歪んでるからね(特にパキスタン国民に対しての偏見)。まるっきり鵜呑みにせんよーにね。

『日本の態度はちゃんと堅持すべきかと思う。いつものように「遺憾に・・」でやってるようでは、日本が国際平和に貢献する日は来ないだろう』っー意見がある。
そーゆー意見もありだね。正しいと思うよ。ただ、それをやるには日本が覚悟を決める必要があると思うよ。一旦血を流せば、日本を滅ぼしてやると叫ぶ「本気の敵」が誕生する可能性がある。しかも、相手はイスラムだ。かつて(今も)アメリカはイスラムのテロにおびやかされ、その報復としていきなりイスラム国家(シリア)へ空爆を実行した事もある。これが「本気の敵」を持ち、それに対抗する言う事だ。今の日本に、テロの報復として一国家を相手に空爆をぶちかます勇気があるのだろうか?。IRAやパレスチナゲリラみたいな奴とやりあえる内国治安維持システムは十分なのか?。おいらは甚だ不安だ。
旗幟を明確にするのはかっこいーが、それをやっていいのはそれなりの実力がある奴だけだと思う。戦国時代でも、大国は旗幟を明確に出来たが、小国は出来るだけ旗幟を明確にせず、生き残りを賭けて敵を作らないようにしていた。幕末では、旗幟を明確にしたえーかっこしーの長州はいいようにボコボコにされただけで、維新を実質的に行ったのは旗幟を明確にせず大人の戦略外交を行った薩摩だと思う。薩摩が落ちてる金でも拾うように長州の戦力を呑み込んで自軍を増強し、維新を行ったと見るべきじゃないだろうか?。つまり、旗幟を明確にするには、それなりの実力があってのものではないかと、おいらなんかは思っているんだ。
日本はどーだろー?。とりあえず経済的には大国だが、軍事を含む危機管理のシステムについては甚だ心許無い。もっとも、それでも今こそやるべき時期かもしれないし、そーでないかもしれない。おいらは、時期尚早だと思う。少なくとも憲法改正まで待ったほーがいいと思うよ。

あと、おいらの書いたプルトニウム不発弾頭のICBMを、恥知らずの行為という意見がある。国土が広ければ意味がないという意見もある。まったくその通りだね。おいら自身、何て破廉恥な意見だと思ってる。ただ国土の広さをうんぬんするなら、核爆発も同じな訳で、結局、国土の広い方が勝ちってー事になる。ここら辺は悩まなくていーと思うよ。核を撃ち合った時点で、国土の狭い日本が先にやられるのはもう決まってるんだから。後は核シェルターに入って徹底抗戦するか、バンザイしちまうかだね。
国際世論はどーだろう?。おいらの書いたプルトニウム不発弾頭のICBMを日本が撃つ時は、もう核ミサイルを二、三発くらっているのだから、今更のよーな気もするが、確かに後の世代がバッシングを受ける原因になるかもしんないね。ま、自分で書いといてなんだけど、やめといた方がいいね。どーせ冗談で書いただけだし。
ただ、核武装についての意見は変わらねーよ。核武装すんのは結構だけど、それは今まで日本が自分で言ってきた事を「みんな嘘でしたー」って宣言するよーなもんだからね。国家として、こんなに情けねー事はねーと思うよ。核武装を推進する人は、それなりの言い訳を考える必要があると思う(ちなみに、おいらは恥ずかしながら思い付かなかった)。アメリカで否決されたとはいえ、CTBTの問題もあるし、日本の核武装は超困難だ。はっきり言って、現状では不可能と判断する方が正しい。具体的な策も無く、核武装を叫んだところで意味ねーと思うよ。まずは言い訳だ。世界世論(つーかアメリカ)を納得させるだけの言い訳から、日本の核武装は始まると思う。違うかい?。
9 ナマエ:ランス 1999/10/17(Sun) 14:16:37
>まるっきり鵜呑みにせんよーにね。

はい(^^;

>相手はイスラムだ
なるほど。「聖戦」の名の下に何でもしますからねぇ、現在の日本の治安対策じゃ怖いっす。
「日本の治安はまだマシな方」と言われるのもイスラム原理主義と表だった対立がないからと言えなくもないですね。

ともかく、自分も憲法改正(というか憲法廃棄、新憲法制定を強く望む)は絶対必要と考えておりますので、あぷろさんのおっしゃるとおり、先に最重要国内問題の憲法をなんとかせねばいかんというのに賛同します。

核武装に関してのいいわけですが、自分も名文が思いつかない・・。
「日本は世界平和に貢献することを国策としている。もし平和を脅かす国家が出現し、核兵器の使用をほのめかすような事態に陥れば、日本は世界平和を守るため、その国に対して核報復攻撃を行うと宣言し、もって核兵器の使用を控えさせる。」

こんなん思いついたけど、即興じゃやはりダメですね。論理に穴だらけ・・。
「こんな宣言したら日本が関係ない戦争に巻き込まれる」と危惧する人もいるでしょう。
こういう反論については
「日本は世界平和のため尊い血を流すことを惜しまない正義の国家・民族になるべき」とお答えできる。

が、「そんな理屈アメリカと根本は変わらないじゃないか」
と言われたらスイマセンって謝るしかないです(汗)
日本独自の宣言、なにか無いかなー。
しばらく考えます。

10 ナマエ:大天君 1999/10/18(Mon) 13:02:25
皆さんいろいろな意見ありがとうございました。どうもテレビ等を見ていると核戦争は起きそうにないですね。インドに対して弱腰な政府に対して軍部がキレたというところでしょうか。まあ軍も国際情勢は分かっているでしょうからじきに文民政権に移行するでしょう。
ちなみに私も核武装には反対です。核武装した時のメリットよりも経済制裁等によるデメリットのほうが大きいからです。
11 ナマエ:九段秀和/鐵扇會  1999/10/18(Mon) 14:36:57
小生も大阪難波高島屋前で反核の署名を集めている輩と
横で友達を待たしながら口喧嘩したことがございます。
大阪の東住吉区に長居公園というところがあります。そこでは毎年
東南反核フェスティバルが開催されています。
今年、ちょっと弄りに行って参りました。そこのおっさんらと小2時間位
討論しその日北海道からくるはずの友達をまたしていました、、、。
日本には絶対核は必要です。うすのろけ左翼はあれば使うとか、
核戦争がおきるとかいっています。
彼奴らの汚いところは日本の中でしか反核運動をしません。
本当に核を世界から無くしたければアメリカのホワイトハウスにいって
クリントンに抗議するなり軍隊いやなら自衛隊に直接行って抗議するなり
直接抗議すればいいものを影でこそこそ動いて非常にえげつない。
パキスタンのクーデターは別にほっといていいと思います。(適当、、)
民族が勝手にいがみ合うのを横から口出しても何か子供にけんかに
親が口出して余計にこじれるパターンみたいで、いい感じしません。
とりあえず火の粉がこっちに来ないか行き過ぎないかだけを先進国である、
われわれが見ておいたらいいのではないのでしょうか。
然し、今の日本では何もできませんし、、、ちょっと事が起こる前に
抑止力の面でも核をもっておいて攻めてこられないようにしてほしいです。
12 ナマエ:あぷろ 1999/10/19(Tue) 05:59:58
ちょいと質問いいかな?。鐵扇會って何?。おいらは、これからの日本はどうすべきかを真面目に、そして理性的に考える、右翼には珍しい集団だと思っていたのだが、違うのかい?。
「核武装しましょう」ってのは日本語知ってりゃ、誰にでも言えるぜ?。左翼の寝言と何処が違うんだい?。これはおいらの身勝手な期待かもしんねーけど、鐵扇會ってーのは違う思ってたんだけどね。
「核武装しましょう」じゃなくて「こーゆープロセスを踏めば核武装可能」とかそーゆーの考える集団じゃねーのかい?。諸外国の動向や、国際世論の流れや、国内状況を鑑みつつ、現状で何が可能で不可能か、何をどーすればいいか具体的な策を論じてゆく。それが「国防を考える」ってもんだろう。
このHPを見つつ、他の事は色々考えてるのに、こと核武装になると途端にコメントが寝言になってしまうのは実に不思議だと思ってたんだけどね。他の人はともかく、鐵扇會を名乗る人がそんなんでいーのかなって思うんだけど、違うかい?。
13 ナマエ:ランス/鐵扇會 1999/10/19(Tue) 07:49:18
うーん、そう言えば核に関するコンテンツ作ってないなぁ。
核兵器・核武装について文書書かねば・・・
現在の技術での最終決戦兵器はやっぱ核ですからね、ないがしろに出来ない。
14 ナマエ:野次馬三太郎  1999/10/19(Tue) 19:44:55
あぶろ殿

概ね貴殿の言われるとおりであります。
私は必ずしも「核武装論者」ではありません。
左翼一般のアンチテーゼの面が多分にあります。まあそういう意味では
左翼のことをどうこう言えないのですが・・・・

上の議題でパワーを使ってしまったので、またこんど。
15 ナマエ:国粋主義者/鐵扇會 1999/10/20(Wed) 12:35:11
核をなくすと言ふ考えは世界一斉に無くならない限りありえない話だと
思ひます。
そうでなければ強国はいつまでも優位にいると言ふ矛盾が生じるからです。
まず無理でしょうね。


doBBS