[1:7] はじめまして!!
1 ナマエ:黒瓜/鐡扇會 1999/11/20(Sat) 23:20:55
はじめまして、黒瓜です。

私がまだ20代だった頃、ある尊敬してやまない先生から
こう言われたことがある。

「君は何の為に本を読んで勉強しているのか?」

私はまだ若かったせいもあって

「敵を論破する為です!!」

そう答えた記憶があります。

その先生は笑って・・・

「そうか、それも必要だよな」

と、仰せられた。
その先生にはもう逢うことは出来ないけれど、
「多分、先生はこういう風におっしゃりたかったのではないかな?」
なんて考えてみたりすることがある。
でも、全て私に言われなかったのは先生の「優しさ」だったのでしょう。

「人間には匂いというものがある、ドイツの哲学者でニーチェという人が
いるけれども、何年付き合おうとも所詮他人は他人だと・・・・
でも一瞬!魂が『パッ!』と触れ合うことによって永遠の友人になることが
出来るんだ」

最近考えるんだけれども、私たちはインターネットというものによって
人間というものが「性善説」なのか「性悪説」なのか試されているように感じます。

どうか、こういう時代に生きていられることに感謝しながら
本当の「魂のふれあい」というものを感じて生きていきたいと思います。

妄言多謝。
2 ナマエ:ランス/鐡扇會 1999/11/20(Sat) 23:38:48
よろしくどうぞ黒瓜さん。
総会ではお世話になりましたm(_ _)m

>「敵を論破する為です!!」

自分も同じことを答えたと思います。
やはりケツが青いですね・・・

3 ナマエ:jazzman/鐡扇會 1999/11/21(Sun) 00:21:22
これはこれは黒瓜さん、こんばんは。
(私も本日はじめてお邪魔したのですが)

>本当の「魂のふれあい」
いい言葉ですね。若かりし頃は言葉だけで実感がありませんでしたが、この歳に
なり漸く実感できるようになったようです。
関連ですが、
いろんな板で様々なカキコ読んでいると、虚しいカキコってありますね。
確かによく勉強されている、文章力(と思われる)ものもある、
様々な反論文も即座に書ける、しかし相手に何も伝わらないカキコってあります
よね。不快感だけが残って・・・、本人は自己満足して高笑いでしょうがね・・
(それが目的なら別ですが)
まあ、知識の羅列は片手に専門書置いて丸写しって方法もありますし・・
折角高い通話料払ってネットしてるのですから、短文でもいい、用語が羅列されていなくてもいい、反論でもいい、魂に入り込むカキコをしたいし、見たいものですね。

ちょっと関係なかったかな・・・すみません。

 >人間というものが「性善説」なのか「性悪説」なのか試されているように感じます。
この言葉・・凄く納得します。

4 ナマエ:モーニングコール 1999/11/21(Sun) 02:45:47
こんばんわ! おはつです(^^)

難しことは 分からないけど

奇麗な花を見たら、きれいって思いたいし
大事な人が風邪をひいていたら 大丈夫?って
言える人になりたい。

そんな目と言葉を大事に、色んなことを学びたい。
私が思った、なんとなくです・・・。

5 ナマエ:青年思想育成會/鐵扇會 1999/11/21(Sun) 02:49:35
はじめまして 育成會です。
ランスくん 久しぶり!はじめて書きます。
西暦1945年以降の支那における国民党と中共の状況に
ついて、いい書物がありましたらご紹介下さい。ちょっと
調べていて疑問に思うことがありましたので。なぜ、国民党
が敗れ、それに米国がどう関わっていたのかが知りたいのです。

黒瓜さま。12日は一足違いでお会いできませんでした。
>「敵を論破する為です!!」
自分も十代のころはそんな事を考えておりました。
でも、今は人それぞれいろんな考え方があってもいいと
思っています。「論破しても敵は敵」という状況も多いと
おもうし…。
自分としては、修理不能なものよりも、未来への可能性が
あるものに語りかけてゆきたいです。

jazzmanさま
>虚しいカキコってありますね。
ありますね!本人が気づいていないところが
またすごい!

6 ナマエ:ランス/鐵扇會 1999/11/23(Tue) 19:02:32
育成會さん、どうもです。
総会ではお世話になりました。
最初お会いした時「あ、すっごい怖い人だ」と思ったら、実はすっごい親切な方で感激しました。(^^;

>西暦1945年以降の支那における国民党と中共の状況に
>ついて、いい書物がありましたら

すいません、自分はそれに関する書物持ち合わせておりません。
7 ナマエ:池内晴紀/鐵扇會 1999/11/21(Sun) 08:24:29
押っ取り刀で来てみれば、私の出番はもうないようですね。(笑)
既存の洗脳教育にはまってしまった人には何を言っても
理解できないかもしれませんね。
国家の意思統一のためには、象徴は必要であり、アメリカの場合は、
それが国旗となるわけです。
国家運営上、共産主義諸国は、カリスマを毛沢東やスターリンなどの
虐殺者に置いたために、莫大な数の民衆が虐殺される結果となった。
それは、ポルポト政権下のカンボジアでもそうでしたが、
これは、血統の伝統による継承性を伴わない独裁者が象徴としての
意志を占めたために起こった悲劇といえるでしょうね。
血統の伝承と文化の継承を数千年も継続した希少価値は貴重です。
日本人の温厚なアイデンティティの保持は、この長期的安定した
敬愛の継承によって維持されているのであって、
その敬愛の構図が崩壊しかけているところに、昨今の若者の
残虐にためらいのない行動「須磨児童殺人」などに影響を
与えているのでしょう。
こうした傾向も、思考に加味してもいいとは思います。


doBBS