第18回会議ログ (2)

一番下へ | 次へ | 戻る




兒玉源太郎 > 文化を知るにはまず風俗からと言うではないですか、向こうのキャバレーに当たるとこに行っただけでふ(謎)。>ランス閣下  (2002/02/24 03:17:16)

ランス > ボコされるんじゃない、それってw>watayuki殿  (2002/02/24 03:16:02)

少国民@特高 > かつて我が家も大陸に工場を持っていたが敗戦とともに、、、涙  (2002/02/24 03:15:50)

護国の鬼 > ノモンハンが呼んでいる・・・  (2002/02/24 03:15:33)

watayuki > 韓国では日章旗掲げて町あるこう>少君  (2002/02/24 03:15:27)

MUTI > いやー、意識が、、、  (2002/02/24 03:15:26)

watayuki > たしか北にもいけるよ、、よーろっぱいくより高いけど。。  (2002/02/24 03:14:27)

小生、思ふ > それは遠慮しとこ。。(^^;)>watayuki氏  (2002/02/24 03:13:32)

ランス > 閣下もお好きですな(謎 >兒玉公  (2002/02/24 03:13:28)

有栖川樹璃 > 天安門広場で毛沢東語録を燃やせば、面白いところに連れて行ってもらえるよ('-'*)>小国民殿  (2002/02/24 03:13:24)

少国民@特高 > 春休みに韓国でも行こうかと思ってますよ♪>ワタユキ殿  (2002/02/24 03:13:15)

兒玉源太郎 > ある意味では日本以上に遊ぶところはありますよ(謎)。>少国民公  (2002/02/24 03:12:50)

watayuki > 北鮮にいきたい・・・  (2002/02/24 03:12:36)

兒玉源太郎 > 最近単語が出てこないので、話せないのと変わらないですけどね(汗)。>有栖川閣下  (2002/02/24 03:12:05)

watayuki > 受験でも英語さえできればいいとこは入れるみたいになってるのは、やめたほうがいいですね。  (2002/02/24 03:12:02)

少国民@特高 > 支那に遊ぶところがあるのかのぅ( ´ー`)y-~~  (2002/02/24 03:11:30)

有栖川樹璃 > 「これは日本の有名なアニメキャラクターですね〜♪」とか言っても、首をかしげられるばかり(;´Д`)  (2002/02/24 03:11:29)

兒玉源太郎 > 貴公はまず支那に行かれる事をお勧めします(汗)。>少国民公  (2002/02/24 03:10:58)

watayuki > 公用化は失うものがあまりにおおきいですからね。  (2002/02/24 03:10:40)

有栖川樹璃 > ナヌΣ(゚д゚lll)ガーン>兒玉公すごい、、、わしは香港行ったときぜんぜんつうじんかったです  (2002/02/24 03:10:25)

有栖川樹璃 > まあ、アドバルーンあげた以上の意味はなかったと(と実際に言い出しっぺの船橋洋一氏がいってました  (2002/02/24 03:09:51)

有栖川樹璃 > 公用化論は実際は日本の官僚は国際舞台で英語がよく話せなくて不利だ〜!という話から出たものですからね。  (2002/02/24 03:09:08)

少国民@特高 > 僕は日本語が通じる国しか行った事がない。インドネシアとか行っても通訳雇ってしまう・・・  (2002/02/24 03:09:01)

兒玉源太郎 > 儂もおかげでそれなりには話せるようになりましたので。>一ヶ月  (2002/02/24 03:08:03)

ランス > 公用化って、、、終戦直後もありましたな、日本語は亜細亜で強制させた悪い言語だからフランス語を公用語にしようとか議会で演説して失笑買った事件が・・  (2002/02/24 03:07:00)

watayuki > やはりお上としましても英語の話せる人材が必要なのでしょう。  (2002/02/24 03:06:54)

有栖川樹璃 > それも小渕さんが亡くなってどっかに消えてしまいましたね<公用論  (2002/02/24 03:06:04)

小生、思ふ > 幼稚園児の時ぐらい思いきり日本語しゃべらせてほしいですな。  (2002/02/24 03:05:22)

有栖川樹璃 > 一ヶ月ぐらい外国に>これはよく聞きますね。実際友人も言ってました  (2002/02/24 03:05:21)

watayuki > あと、英語の公用語化というのもありましたね。  (2002/02/24 03:05:05)

兒玉源太郎 > 会話は一ヶ月ぐらい外国に放り出されたらそれなりに話せるようになりますので、矢張り文法が重要ですな。  (2002/02/24 03:04:37)

有栖川樹璃 > 子供に英会話習わせる前に、てめーが話せるようになれっつーのと母親に言いたい。  (2002/02/24 03:04:25)

watayuki > ランス公>まったくです。日本語もまだ満足に話せないのに英語を教えるのは馬鹿馬鹿しいかぎり。  (2002/02/24 03:03:56)

有栖川樹璃 > 教室で授業やるにはそのほうがいいですよね>watayuki殿。基礎を与えて、それ以上は各自で、、、  (2002/02/24 03:03:07)

ランス > まるで英才教育ですな・・・幼稚園の時は感受性を育てる時期なんじゃないのか、、(;´д`) >watayuki殿  (2002/02/24 03:02:05)

有栖川樹璃 > 各家庭で勝手にやるにはいいけど、正直、学校で英語まで割ける時間があるのかどうか、、、  (2002/02/24 03:01:49)

watayuki > 私も文法メインで行くべきだと想いますね。英会話やってもしゃべられるようになるとはおもいません。  (2002/02/24 03:01:41)

有栖川樹璃 > なんてこったい、、、です(;´Д`)>小生さん  (2002/02/24 03:00:24)

小生、思ふ > でも日本に働きに来てる英会話学校の教師の8割がちゃんとした英語が話せてないようですよ。ま、これも予備校講師の弁ですが・・・。  (2002/02/24 02:59:58)

有栖川樹璃 > ですよね、、、あるいはさくっとホームステイ  (2002/02/24 02:59:23)

watayuki > 幼稚園、小学生のうちから英語をやらせるべきなどという話も耳にします。  (2002/02/24 02:59:05)

有栖川樹璃 > 会話は個人でやるほうが効率がはるかに(・∀・)イイ!!です。教室の一斉授業・しかもゆとり教育で時間減(週3、4時間)じゃ何の力にもならんかと(;´Д`)  (2002/02/24 02:59:02)

ランス > 先ほど有栖川閣下が述べられた通り、話せても使う機会ないですからねぇ・・・。仕事で使うならばNOVAでも行けばいいことですしw  (2002/02/24 02:57:28)

有栖川樹璃 > 英語教育批判のお決まりが「こんなに勉強したのに話せないなんて」ってやつですからね  (2002/02/24 02:57:24)

watayuki > 英会話スクールにも補助金出してますし。。  (2002/02/24 02:57:22)

小生、思ふ > まぁ、やっぱその方が役に立つだろうし。  (2002/02/24 02:57:11)

watayuki > しかし、文部省は話せる英語とか言い、英会話を中心にした教科書になるそうですね。  (2002/02/24 02:56:17)

小生、思ふ > ワタシもそのくちです・・・。>watayuki氏  (2002/02/24 02:55:35)

有栖川樹璃 > 受験教育の弊害か、、、これ(;´Д`)  (2002/02/24 02:55:12)

ランス > まぁ、、イザとなれば単語とジェスチャーでなんとかするしかないでせう(笑  (2002/02/24 02:54:43)

有栖川樹璃 > ちなみに英語は忘れたサー   (2002/02/24 02:54:02)

有栖川樹璃 > 実際、TOEICでも日本人は聞き取りよりも語彙や文法の点数の方が低いのさー  (2002/02/24 02:53:37)

有栖川樹璃 > そうですよね>ランス殿 それに語彙の数や文法がなってなけりゃ話せても意味がないですし  (2002/02/24 02:53:07)

watayuki > 私など現在の教育のいい例でありまして、文章はわりと早く読めるが聞き取りがまったく出来ないのでありまして・・  (2002/02/24 02:52:47)

ランス > ヘタな発音で意味が伝わらなかったりするほうが困る、、それでなくても発音が難しい英語もあるし。LだかRだか・・・よくわかりませんがw  (2002/02/24 02:52:44)

有栖川樹璃 > 日本人が話せないのは単にシンガポールや香港とちがって英語はなさなくてもすむ社会だからですよね(;´Д`)  (2002/02/24 02:52:35)

小生、思ふ > 書くもんなかったりして。(笑)  (2002/02/24 02:52:24)

有栖川樹璃 > それに会話は毎日時間とって継続的にやらんと、、、(;´Д`)   (2002/02/24 02:52:09)

ランス > 話せなくても書けるなら、イザ外人と話す時でも紙に書いて見せればいいんであって、別に困ることはないように思うんですがねぇ・・  (2002/02/24 02:51:27)

watayuki > やはりこれからの時代英語はしゃべれた方がいいとはおもうんですが・・。  (2002/02/24 02:51:24)

有栖川樹璃 > 大体中学の英語時間が300時間程度、しゃべれるようになるには2,300時間くらい必要らしーですから  (2002/02/24 02:51:10)

有栖川樹璃 > しかし、教室で週3〜4時間程度、ALTから英語聞いて会話ができるようにはならないと思いますから無駄でせうね(;´Д`)  (2002/02/24 02:50:37)

小生、思ふ > やっぱなんにしても国語が大事だと思う、、、。  (2002/02/24 02:50:27)

兒玉源太郎 > いえいえ、御気になさらずに。自分も熱くなる方ですので、申し訳ないです(汗)>小生殿  (2002/02/24 02:50:20)

有栖川樹璃 > 従来どおり、基礎的な語彙文法読解中心でいったほうが結果的に定着すると思う  (2002/02/24 02:49:48)

watayuki > いまの文法をメインにやるやり方を改めて早期からの英会話学習とかいう話がありますね。  (2002/02/24 02:49:45)

小生、思ふ > 同感(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)>護国氏  (2002/02/24 02:49:44)

iii > 小学校で習った英語なぞ覚えてないです(^^;)  (2002/02/24 02:49:36)

護国の鬼 > ウチの学校の場合なんか和訳の意味がわからないアフォが多い・・・  (2002/02/24 02:49:12)

有栖川樹璃 > 大体、耳は8才程度で完成しちゃうし、週2時間程度英語きいても何の力にもならないかと、、、  (2002/02/24 02:48:55)

少国民@特高 > 僕のいまの得意教科順・・・ 社>国>物理>数>英   英語は勘弁してくれぃ  (2002/02/24 02:48:17)

護国の鬼 > まず国語学習をしっかりするのが先決かと。>Watayukiさん  (2002/02/24 02:48:03)

有栖川樹璃 > 無駄っぽいです<小学校での英語。総合的な時間をつかうんでしょうが  (2002/02/24 02:47:59)

小生、思ふ > >児玉氏  (2002/02/24 02:47:56)

小生、思ふ > そうですね。すいません、熱くなっちゃうとコウなるもんで(^^;)。。  (2002/02/24 02:47:46)

watayuki > 小学生からの早期英語学習なるものもあるみたいですが。。  (2002/02/24 02:47:20)

ランス > 仕事柄、、、必要なんだろうけど、やりたくないよぉ(ノ_・、) >英語  (2002/02/24 02:47:15)

兒玉源太郎 > これ以上やっても相互理解は得られないようですので、この辺りで手打ちでどうでしょう?>小生殿  (2002/02/24 02:46:37)

小生、思ふ > だから今の状況で高校の専門化で責任を持たせるのは難しいと申してるんです。>児玉氏  (2002/02/24 02:46:22)

watayuki > 話が逸れますが、皆さん英語学習についてどうおもいます?  (2002/02/24 02:46:11)

兒玉源太郎 > だから言ってるじゃないですか、責任を持たせる為だと。責任がなければ誰でも死に物狂いにはならないでしょう。>小生殿  (2002/02/24 02:44:28)

watayuki > そのとうりですね。そのうえ、あの授業の内容からいって何を望んでいたかは明白なので腹が立つ。>iiiさん  (2002/02/24 02:43:49)

小生、思ふ > 別に専門的なことが努力してないとは言ってません。>児玉氏  (2002/02/24 02:42:39)

小生、思ふ > だから好きでもない事をしなければならないのが社会でしょう。自分の好きな職業に誰でもつけますか?勉強が誰でもいやなのはわかります。それを持続されられる人かどうかだと思います.  (2002/02/24 02:41:44)

iii > 人の考えに点は付けられないはずなんですけどね>watayuki氏  (2002/02/24 02:41:38)

watayuki > 中身は恥ずかしいので内緒です。>iiiさん ひどい教師っているもんですよねぇ。  (2002/02/24 02:40:01)

護国の鬼 > 自分も睡眠王・・・・(汗)  (2002/02/24 02:39:10)

有栖川樹璃 > ランス殿は結果がついてきてるからヽ(´▽`)/   (2002/02/24 02:39:06)

少国民@特高 > あまりに社会科教師が森総理批判をするから、これは「教育基本法」に触れないのか!?って抗議文出したら成績下がったwテストの点数から言えば満点のはずなのにぃ  (2002/02/24 02:38:52)

ランス > やばい・・・過程ないよ・・・わし(;´д`)  行き当たりばったり(;゜〇゜)  (2002/02/24 02:38:39)

兒玉源太郎 > 過程ね、それは専門的な事でも同じでしょう。専門的な事なら努力しないでいいんですかね?  (2002/02/24 02:37:49)

有栖川樹璃 > 後悔してる老人の繰言でござる  (2002/02/24 02:37:07)

兒玉源太郎 > 人によって変わった結果が学歴なら笑えませんな(汗)。>iii殿  (2002/02/24 02:37:03)

小生、思ふ > 運が左右するような仕事はわかりませんが、、、。ちょっと根性論臭いと思われるかもしれませんが、過程がない人に自分の結果はだせないと思います.  (2002/02/24 02:36:56)

有栖川樹璃 > 玉磨かざれば光らず 学生は勉強に精進してください、ほんとに一生懸命勉強できるのは人生の中で少ないのですから・・・(えらそう  (2002/02/24 02:36:33)

iii > 書いた内容を是非知りたいですねw>watayuki氏  (2002/02/24 02:36:10)

兒玉源太郎 > 官僚やエリートが真の意味で有能だと仰るなら、もう申し上げる事はないですな。自分もiii殿同様結果を優先する男ですので。>小生殿  (2002/02/24 02:35:57)

watayuki > 期末試験の論述で天皇について書けって問題だったので書いたら、、ひどい点だった。。  (2002/02/24 02:35:35)

iii > まぁ「ある程度までやりとげる」とあるように、人によってやり遂げれる量が変わると言うことでしょうね>児玉氏  (2002/02/24 02:35:15)

ランス > しかし教育の結果なんてのはすぐ目に見えるもんでもないですからなぁ・・・  (2002/02/24 02:35:12)

有栖川樹璃 > 受験勉強は無駄じゃないよ、絶対に。学力は勿論のこと、その過程を努力したという実感がその後の人生を生きていくうえで何らかの力になる  (2002/02/24 02:34:48)

護国の鬼 > 過程を見て評価をつけていられるほど悠長な状況ではないかと。  (2002/02/24 02:34:44)

Master > watayuki殿が入室されました(^-^)/ <133.9.45.129>  (2002/02/24 02:33:53)

iii > 過程と結果。今どっちが大事ですかね・・・。  (2002/02/24 02:33:33)

小生、思ふ > やりとげた人を質でおとっているとは思いません。先にあるものではなくその過程です。決して無意味なものではないと思いますが?>児玉氏  (2002/02/24 02:32:58)

兒玉源太郎 > それとやり遂げられなかったものはどうなるんですか?>小生殿  (2002/02/24 02:32:52)

少国民@特高 > いまの社会科教師間違えすぎ、、、、去年はこの教師に化学教わったし(爆)  (2002/02/24 02:32:38)

watayuki > で、最後の授業で何言うかと思ったら天皇は権力者にただ利用されただけだってさ。  (2002/02/24 02:31:00)

Master > 少国民@特高殿が入室されました(^-^)/ <211.7.71.208>  (2002/02/24 02:30:56)

兒玉源太郎 > 無意味ですな、では、やり遂げた先にあるものは?少なくなるからこそ余計に量より質でしょう。>小生殿  (2002/02/24 02:30:52)

護国の鬼 > ようするにゆとりとかほざいてるうちは兒玉閣下案も有栖川閣下案も実現不可ですなぁ・・・。  (2002/02/24 02:30:04)

有栖川樹璃 > 国語数学英語・社会科として歴史・理系科目として化学か物理とかでどうでしょう?  (2002/02/24 02:29:58)

watayuki > そう、理系だから授業数少なくて平安時代どまり。  (2002/02/24 02:29:47)

小生、思ふ > ですから、大学入試のときでも申し上げたように、ある程度までやり遂げるという行為が大事なのです。高校の時点で好きな事しかやらないのですか?それに学生が少なくなる時代に細分化は限度があります。>児玉氏  (2002/02/24 02:29:22)

兒玉源太郎 > しかし、歴史は先例ですので。先例は知らぬより知っておいた方が選択の余地が広がりますので。>有栖川閣下  (2002/02/24 02:28:52)

ランス > それは問題ですね・・・・(;´д`) >watayuki殿  (2002/02/24 02:27:54)

兒玉源太郎 > 因みにうちは全部終わりましたが、226から一気に角栄に飛びました(汗)。  (2002/02/24 02:27:27)

ランス > かといって日教組教師による偏向授業がされるぐらいなら飛ばしてくれたほうがマシやもしれませんが(謎  (2002/02/24 02:26:30)

有栖川樹璃 > それにやはり幅広い知識をもつ人を集めるという意味で理系科目は付け足してもいいでしょう  (2002/02/24 02:26:25)

護国の鬼 > みっちりやったら絶対終わりません。週2〜3時間で終わるはずがない。  (2002/02/24 02:26:23)

watayuki > 高校教師は左翼考古学マニアだったので、古事記がいかに嘘かという話を一学期中やってました。  (2002/02/24 02:26:19)

iii > まぁ深くは大学で学べますから  (2002/02/24 02:26:17)

有栖川樹璃 > うーん、、、たとえば経済学部では数学が必須ですし、社会学心理学では高度な統計学を駆使しますし、理系科目は不要とは一外にいえないです  (2002/02/24 02:25:47)

少国民@特高 > 数学の先生が騒いでる生徒に「非国民!」と言う学校です。  (2002/02/24 02:25:38)

兒玉源太郎 > ですから、理科系に割く時間より充実させた方がと言う事です。>ランス閣下  (2002/02/24 02:25:35)

ランス > 授業時間さえ確保出来れば・・・(;´д`)  (2002/02/24 02:25:33)

兒玉源太郎 > 終わったとしてもかなり飛ばしますから、実質的に終わってないのと一緒です。  (2002/02/24 02:24:57)

護国の鬼 > 尊王攘夷の説明で興奮した先生が「天皇陛下万歳!」と叫ぶ学校です(笑)  (2002/02/24 02:24:57)

護国の鬼 > うちはペリー来航から始まりますが他校は絶対終了しません。  (2002/02/24 02:23:58)

少国民@特高 > 今年は世界史、、、、しかも第一次世界大戦までの歴史だし、、、  (2002/02/24 02:23:40)

iii > その学校の授業速度が遅いか早いかじゃないですか?w  (2002/02/24 02:23:39)

ランス > いや、時間がないでそ(;´д`) 近代以後はもう・・・>兒玉閣下  (2002/02/24 02:23:27)

watayuki > 私は日本史は平安時代で終わりました。(笑  (2002/02/24 02:23:19)

兒玉源太郎 > 世界史にしても同様です。最後まで終わらず、授業が終わるのが傾向ですから。  (2002/02/24 02:23:18)

少国民@特高 > 日本史はまだやってませんなぁー。来年ですたい  (2002/02/24 02:23:08)

兒玉源太郎 > 日本史A・Bを最後まで授業でやりますかな?  (2002/02/24 02:22:03)

兒玉源太郎 > ですから、成功だと思っていないので、高校で専門的な(例えば伝統工芸など)学校を作り、選択の幅を細分化するべきだと申し上げている次第です。>小生殿  (2002/02/24 02:21:24)

ランス > そんなことはいってないでそw>少国民君  (2002/02/24 02:21:17)

iii > 「歴史」と言われていますが今は「日本史A・B」と「世界史」に分けられていますよ  (2002/02/24 02:21:05)

Master > watayuki殿が入室されました(^-^)/ <133.9.45.210>  (2002/02/24 02:20:21)

兒玉源太郎 > 例えば歴史などは外国は重要視しますが、日本は軽視してますので、そこ辺りを深めた方が良いかと。>有栖川閣下  (2002/02/24 02:19:52)

護国の鬼 > 自分はもう観光のことしか頭にありませんが・・・・(笑)  (2002/02/24 02:19:19)

有栖川樹璃 > うーん、、、そうでせうか?  (2002/02/24 02:18:59)

小生、思ふ > いや、今の教育が成功か失敗かでしょ?私は成功だとは申しません。>児玉氏  (2002/02/24 02:18:59)

少国民@特高 > 自分などまともな人間にならないってことでしょうか・・・>ランス氏  (2002/02/24 02:18:10)

兒玉源太郎 > しかし、文系と決めたなら理科系の必要性を感じませんね、それならばもっと深くした方が良いかと。>有栖川閣下  (2002/02/24 02:18:05)

有栖川樹璃 > 英語国語数学物理生物化学地学歴史公民全部やりやがれ!ってんなら私もおいおい?と思いますが(^^;5つ程度なら許容範囲でせう  (2002/02/24 02:17:28)

ランス > まぁ若いウチに苦労してないとロクな人間にならないとはよく言われますのぅ。まとめとして、子供には苦労させろってことでせうか・・・  (2002/02/24 02:16:55)

watayuki > 文系だけでしたらおもしろいデータですね。理系も含めたら求人情報見れば明らかですが・・。  (2002/02/24 02:16:38)

兒玉源太郎 > 成功の見込みがないなら始めから言いませんので。>小生殿  (2002/02/24 02:16:36)

iii > それは前に言いましたよ?>小生氏  (2002/02/24 02:16:09)

有栖川樹璃 > 5教科7科目程度じゃそんなに広くないですよ  (2002/02/24 02:15:42)

小生、思ふ > いや、そりゃ変えていかないとダメだと思いますよ。児玉氏も成功だとはおもってなさらないんでしょ?  (2002/02/24 02:15:26)

有栖川樹璃 > うーん、文系だけだったかしら?すまそ新聞見ただけなんで(;´Д`)>watayukiさん  (2002/02/24 02:15:14)

有栖川樹璃 > まあ、どんな仕事につくかはわからないし。可能性を早いうちから狭めることは子供にもよくないでせう>IIIさん  (2002/02/24 02:14:47)

兒玉源太郎 > 広げすぎてどれも中途半端も問題だと思います。>有栖川閣下  (2002/02/24 02:14:15)

有栖川樹璃 > 実際、3科目入試とかすると、重箱の隅をつつくような変にカルト的な問題が出る傾向になりますしね(;´Д`)  (2002/02/24 02:13:56)

iii > 仕事にもよると思いますけどね>有栖川氏  (2002/02/24 02:13:25)

兒玉源太郎 > 問題点があるからダメだじゃ何も変わらないと思いますが?ある意味日本の悪い伝統ですな。>小生殿  (2002/02/24 02:13:16)

watayuki > それは、文系の中でですか?理系も含めて?>有栖川さん  (2002/02/24 02:13:14)

有栖川樹璃 > でも、やはり広いほうがいいです。人生においてきちっと苦労して勉強した期間を持ったほうがいいと思いましねヽ(´ー`)ノ   (2002/02/24 02:13:03)

ランス > 年収に影響が・・・Σ(゚д゚lll)  (2002/02/24 02:12:28)

有栖川樹璃 > 数学学習者のほうが平均年収が未修了者より高いそうです<西村和雄京大教授によると  (2002/02/24 02:11:45)

小生、思ふ > おくれてすいません。それは先入観ですね。(^^;)あと成功とは申しません。問題点をあげてるわけですから。>児玉氏  (2002/02/24 02:10:49)

watayuki > 専門馬鹿にはつらいですねぇ。>5教科7科目  (2002/02/24 02:10:21)

ランス > 数学やってると論理構想力があがるそうで・・・でもわし苦手(;´д`)  (2002/02/24 02:10:11)

有栖川樹璃 > ですから、国立大学の5教科7科目入試は歓迎です。  (2002/02/24 02:09:15)

有栖川樹璃 > 数学も・・・  (2002/02/24 02:08:38)

有栖川樹璃 > 広く知識を身に付けさせるため、文系でも理系科目2つくらいは必須科目化すべきでせうね。  (2002/02/24 02:08:27)

有栖川樹璃 > 私も同じ・・・(ρ_;)>ランス殿  ほんとにそうです>watayukiどの  (2002/02/24 02:07:17)

有栖川樹璃 > しかし、選択単位制を拡大させるのが今回の改訂、、、嗚呼  (2002/02/24 02:06:42)

watayuki > 大学と同じですね。>有栖川さん  (2002/02/24 02:06:32)

ランス > 我が半生を振り返り、まったくその通り(;´д`) >有栖川閣下  (2002/02/24 02:06:09)

有栖川樹璃 > 人は怠惰な方向へ流れる。自然の摂理です  (2002/02/24 02:05:13)

兒玉源太郎 > 失敗例をじかに見てきましたし(汗)。>選択単位制  (2002/02/24 02:04:55)

有栖川樹璃 > 選択単位は、アメリカでやったら皆簡単なやつしか選択しなくて学力が低下したらしいですからね・・・  (2002/02/24 02:04:53)

watayuki > 公立でもやるべきですね。選択単位制はたしかにむずかしいですね。  (2002/02/24 02:04:00)

少国民@特高 > 貴殿の学校は成績でクラスわけするのが有名ですなぁ>ランス氏  (2002/02/24 02:03:44)

護国の鬼 > うちも会計情報>国際観光>流通経済 の順にほぼ分けられる。  (2002/02/24 02:03:19)

ランス > ついでにわしは普通科でありながら商業系のクラスに。だから簿記やったわけで('-'*)  (2002/02/24 02:02:56)

兒玉源太郎 > それは私立では結構やってますね、ただ選択単位制はむずかしいですな。>watayukiさん  (2002/02/24 02:02:48)

ランス > 実際、ウチの高校のクラスは成績で分けられてた(笑  (2002/02/24 02:02:20)

小生、思ふ > 現にそういった高校はあります>watayuki氏  (2002/02/24 02:02:14)

有栖川樹璃 > 能力別編成、賛成です。より教えやすいように工夫していかなくては  (2002/02/24 02:02:13)

watayuki > 高校では各科目ごとに能力別にクラスを編成していくべきだとおもいます。  (2002/02/24 02:01:15)

護国の鬼 > 昭和の旧軍のように陸大の席順、年功序列に役職を決めるのではなく、米海軍のごとき大胆な抜擢が必要ですな。  (2002/02/24 02:00:51)

watayuki > 学閥はまだある。。このまえ人事院の人に聞きました。  (2002/02/24 02:00:12)

兒玉源太郎 > まぁ、その辺は制度次第でしょうね。>watayukiさん  (2002/02/24 02:00:10)

有栖川樹璃 > そうですね。学歴社会というよりか、学閥で仲間意識もってしまうのが問題ですな、、、  (2002/02/24 01:58:58)

ランス > なるほど、、、しかし入った後の態様がまた問題ありですのぅ。実力があってもやっぱり出世は東大出身者からとか・・・能力主義を徹底することが肝要と考えまする。  (2002/02/24 01:57:59)

watayuki > 私は高校になったらクラスはなくていいとおもうなぁ。。  (2002/02/24 01:56:54)

護国の鬼 > それが教えられない小中学に多大な欠陥がありますなぁ。  (2002/02/24 01:56:26)

少国民@特高 > 防衛庁は東大だらけですよねぇ  (2002/02/24 01:55:34)

小生、思ふ > そんなものもできない奴らが大勢いるいまはゆうちょな事はいっとられません。。>護国氏  (2002/02/24 01:54:53)

有栖川樹璃 > 言い方が悪かった・・・。先進工業国はみなある程度は学歴社会ですが、日本はずば抜けた学歴社会ではない、、ということでふ  (2002/02/24 01:54:48)

兒玉源太郎 > それは一方的な先入観ですな、誰がクラスがないとか言いましたか?内容を専門的にとは言いましたが、高校の枠組みを壊せと言った覚えはないのですが?>小生殿  (2002/02/24 01:54:12)

護国の鬼 > >小生氏  (2002/02/24 01:53:51)

有栖川樹璃 > ただ、日本の「学歴社会」論は客観的データ以上に増幅されているという意味です  (2002/02/24 01:53:41)

護国の鬼 > そんなものは小学校、遅くとも中学までで修得すべきでしょう。高校入って学ぶ奴はもう手遅れかと。  (2002/02/24 01:53:32)

有栖川樹璃 > 日本は世界の先進工業国では普通の学歴社会ですから、そういうこともあるでせうね>小生さん  (2002/02/24 01:53:08)

watayuki > 昔の話ですがうちの祖父は防衛庁だったのですが、やはり学閥が強くてある程度以上出世できず学歴をくやんでいたという話を聞きましたが・・。  (2002/02/24 01:53:02)

ランス > 根本は、そうですのぅ、、、ゆとり教育によって地方と都会では歴然と差が出てくるでせうし。穴を埋める為に塾通いと・・(;´д`)  (2002/02/24 01:52:55)

小生、思ふ > >児玉氏  (2002/02/24 01:52:15)

小生、思ふ > クラスがあり、団体行動があるのは高校まで。高校で学んだ事は大事だと  (2002/02/24 01:51:57)

小生、思ふ > しかし名前も知られていない3流大学よりはやはり東大とかの方が信用されるのでは?>有栖川氏  (2002/02/24 01:50:32)

watayuki > う〜む、キャリアのエリートに東大法学部出がおおいというイメージがありましたが・・・  (2002/02/24 01:49:32)

有栖川樹璃 > つーか、目先の学歴問題を追いかけている間に、学歴取得以前の生まれの不平等が進行してたというのが今の日本だったりします  (2002/02/24 01:49:20)

兒玉源太郎 > 一般常識ね、何をもって一般常識と仰るので?数学1や数学2が一般常識とは到底考えられませんが?  (2002/02/24 01:49:14)

ランス > そうあってほしいですのぅ、、、外資系は実力主義が多いようですが  (2002/02/24 01:48:37)

有栖川樹璃 > つまりは、日本の学歴社会論は根拠のない神話なんですね・・・( ´ー`)y-~~    (2002/02/24 01:48:18)

小生、思ふ > だから高校は一般常識を学ぶ場だと言ってるんです。その感覚はあまり関係がないのでは?>児玉氏  (2002/02/24 01:47:53)

有栖川樹璃 > そんな会社はいずれなくなりますから>ランス殿  (2002/02/24 01:47:08)

護国の鬼 > コーヒー飲み終わる・・・(泣)  (2002/02/24 01:47:04)

有栖川樹璃 > 社会的背景は1,19つまりどの親に生まれたかのほうが影響が大きいのですわ  (2002/02/24 01:46:50)

有栖川樹璃 > 学歴がキャリアに影響する程度は日本0,98.アメリカ2,47イギリス4,42  (2002/02/24 01:46:11)

watayuki > あれ、警視庁でしたっけ?  (2002/02/24 01:45:54)

有栖川樹璃 > 絶対的な差ではないです。そして、  (2002/02/24 01:45:44)

ランス > 学閥とか未だに健在なようですよ、特に歴史がある会社なんかは・・  (2002/02/24 01:45:23)

有栖川樹璃 > 東大京大卒で管理職に出世するのは約4割。慶応早稲田は約3割。その他私大は2,6割  (2002/02/24 01:45:18)

ランス > 残念、下っ端の地方公務員候補で御座るよ(;´д`)>watayuki殿  (2002/02/24 01:43:53)

有栖川樹璃 > いや、、、学歴の効用は考えてるほどないですよ  (2002/02/24 01:43:17)

護国の鬼 > ネームバリューが大きいのでは?帝京に人が集まるのもそれが理由では・・・  (2002/02/24 01:43:08)

watayuki > ランスさんは天下の国家公務員!!  (2002/02/24 01:43:06)

ランス > まぁ上場企業なんかは出身大学で採用決めますからね、、わしみたいな三流大学生は実質的に受験資格さえない(事実  (2002/02/24 01:42:16)

ランス > なるほど、東大というレッテルがあると後々いい思い出来るからと……   (2002/02/24 01:41:32)

兒玉源太郎 > 甘いと言うのは簡単です。学校の選択によって責任が生じず、とりあえず出ればいいという感覚に他ならないかと。  (2002/02/24 01:41:06)

有栖川樹璃 > みんな、、、かなあ。 それは確かに一定数いるとは思いますが  (2002/02/24 01:40:52)

watayuki > 理系で言えば研究施設が充実しているからでしょうか。>東大  (2002/02/24 01:40:51)

小生、思ふ > 名前でしょう>ランス氏  (2002/02/24 01:40:10)

ランス > でもみんな東大とか行きたがるのはナゼでせうねw  (2002/02/24 01:39:36)

小生、思ふ > それは甘やかしだという言葉の解釈でかわるのですが、、、。甘いとはどう甘いのですか?>児玉氏  (2002/02/24 01:38:17)

兒玉源太郎 > 大学を出ねば職がなく、伝統工芸などは廃れる一方、今になってやれ文化を守れ、やれ伝統を絶やすな、ナンセンスですな。  (2002/02/24 01:37:37)

有栖川樹璃 > 偏差値高いとkろを目指して受験勉強しまくるぜ!って人はいないとは思いませんが、かなり少数派のような(メモ参照  (2002/02/24 01:37:31)

watayuki > ただいま〜。  (2002/02/24 01:37:09)

Master > watayuki殿が入室されました(^-^)/ <133.9.45.210>  (2002/02/24 01:36:30)

有栖川樹璃 > といいますか、そんな人いるんですか?>ランス殿  (2002/02/24 01:36:25)

兒玉源太郎 > では、今の教育が成功だと?>小生殿  (2002/02/24 01:35:30)