東條英樹首相に関して


私は東條首相に関して、全部を肯定するつもりはありません。でも、現在の腐りきった政治家(政治屋)や官僚たちよりも、はるか数倍も上だと思います。
なぜなら、彼は私心がないのです。お中元、お歳暮はくると全部送り返していたそうです。
これは、東條首相の秘書官だった人やあるいは、当時、陸軍省の軍事課にいた人たちから直接聞いています。

東映映画で、東京裁判という映画が昔ありました。彼の裁判での堂々とした態度。死を恐れずに堂々とした態度には、軽蔑や侮蔑などの言葉よりもむしろ尊敬しました。

敗戦の責任を一身に背負った彼に対して、もう少し賞賛の声が日本国民からでなければおかしいと思います。

図書室へ戻る