人権派の陰謀
-イラク日本人拉致事件に見る-


平成16年4月に日本人ジャーナリスト及び左翼活動家・・もといボランティアなヒトがイラクにて武装集団に拉致され、自衛隊撤退を求めた事件があった。この時は武装集団との交渉により何とか全員無事帰国を果たしたが、再び10月末に一人の日本人青年が武装集団に拉致される事件が発生した。これを書いてる現在では未だ解決の糸口さえ掴めていない状況であるが、これら事件で思ったことを述べようと思う。


1.危機意識の低さに呆れる

昨今の情勢からして、今回香田氏はなぜ今イラクへ行ったのかが甚だ疑問でしょうがない。
前回の3人の拉致事件から学ぶものは無いのか。
周囲の反対を押し切って、特段の理由があるわけでもなしに「なんとかなる」程度の認識で臨むなど正気の成人のやることではなかろう。
それでいて捕まってみれば
「小泉さん、彼らは自衛隊の撤退を要求しています。要求が容れられなければ私の首をはねると言っています、助けて下さい。」
ではどうにもならない。
「自分探しの旅」とは一体なんぞや。ひょっとしたら死に場所でも探していたのかとまで言うのは酷か。

なんとなくウラがありそうな感じではあるが、あえて正論で言おう。
国家には国民を保護する義務がある。これは当然なことでそもそもの国家の成立理由を見れば明らかであり、これは国家に課せられた最大の命題であろう。
しかしこの範囲、つまり保護すべき範囲はどこまで解釈されるべきものなのか。
国家として、外務省は現地イラクの危険度を最大に設定し、渡航者には再三の注意警告を行っている。
かといって渡航禁止は人権も絡むのでこれに制限を加えるにはそれなりの法的根拠が求められ現時点では注意を促すのが国が出来る最大の保護範囲ではないだろうか。この範囲を勝手に超えていってしまった者に対してまで国家はその自分勝手な一個人の為に国策を変更するなどあらゆる手段を尽くして保護しなければならないのだろうか。
政府としての本音は「別にアンタ一人くたばったところで日本という国にとって痛くも痒くもないよ」というとこであろう。
国益から見ても比較にならない。しかし政府にも後ろめたさが当然ある。言ってみれば見殺しになるわけだし、何らかのアクションを示さないとイメージダウンは免れ得ない。それに「イラク(サマワ)は戦争(戦闘)地域ではない」という前提をもとに自衛隊を送り出している政府の主張からすれば矛盾が生じるわけで、このへんが焦点となるのだろうか。

なんにせよ、覚悟ない行動の末路はどうなるかという手本を示してくれたわけだ。
それも一度ならず二度までもやっているのだからもういい加減うんざりというのが正直な感想である。




2.プロ市民たちの暴走を笑う


前回のあの拉致被害者の家族らの独善ぶりには本当に笑えた。
いや、よくぞここまで自分らの行為を棚に上げて臆面もなく堂々と国に文句を並べ立てるものだと逆に関心すら覚えるほどに。

拉致された連中がみんな極左なのかどうかわからないが、とっても左派な方々だったところに悲劇というか喜劇がある。
明らかにここぞとばかり政治利用してるところがすごい。
そりゃ、普段から各地で反戦争、反自衛隊派遣を主張している連中で、その仲間が拉致られ、犯人は自衛隊撤退を要求しているとなれば、これほどうれしい展開はなかったんでしょうな。自作自演説も流れますよ。
ここぞとばかりに生命尊重だの、戦争反対だのをまくしたて、口汚く政府関係者らに詰め寄る姿は、どうみても拉致された三人を心配している顔ではなく、いつものプロ市民の顔になっていましたよ、確かに。
でも展開が嬉しすぎたのかちょっとはしゃぎすぎて、ふてぶてしいお姿がテレビで散々放送された結果、大多数の一般大衆を敵に回すという愚を犯すあたりが可愛くてしょうがない。

気持ちはわかる。
これで自衛隊撤退が成功すれば、反政府闘争大勝利を収められるんだから。
このまま革命へ一直線・・・と脳裏によぎったんでしょうかね、わかるわかる。
んで、二番煎じのような今回の拉致事件。
さすがに前回の暴走に懲りたのか、ちと控えめじゃないですか。
でもこれだけおいしい素材を使わないわけがない。


結局、彼ら左派の人間にとって人権なんてどうでもいいということでしょう。
普段は人権尊重なんて口当たりのいい美麗字句を並べているけど、本音は人権をネタに反政府・反権力闘争に勝利することであるというだけなんですね。
それが彼らの作戦なわけで、人権をエサに賛同者を増やす。しかる後に、本来の目的に向かって突進する・・・、まぁ革命なんだろうけど。
そうだ、日共が綱領を変えてさらにソフトイメージ路線にしたのも同じことだ。日共は今も火焔瓶闘争の時とまったく同じ最終目標を持っているんですよ、赤化という。プロセスが変わっただけで本質は同じ。


まぁしかし、一連の拉致事件で、左派の作戦によって今までよくわからないまま「そうだなぁ人権は大切だ」となんとなく左派を支持していた一般大衆を覚醒させる契機になったという点においては評価していいんじゃないだろうか。剥がされた仮面はもう被れないでしょ、それだけでもよい事です。



3.右翼は妙に大人しいような気がするけど・・・


どうしたんでしょうね、本来反権力で在り続けなければならないのに。
日本人の同胞が拉致されているというのに・・・・やはり被害者がアレだからさすがにフォロー出来ないのだろうか。
まぁ当然ながら、自衛隊撤退などの要求には断固反対の態度をとっているわけで、日本の海外派兵の先駆けとなる今回のイラク派遣を中途半端に終わらせてたまるかということなんでしょうか。
本来反権力でありながら政府と同じ主張になるのは不気味ではあるが、仕方ないことだろう。
またなぜ我々が外からの圧力に屈しなければならないのかという感情的な反発もそこにあると思いますよ。
ようは面子の問題で、右派としては「屈する」ということに極端に反応するものである。
やはり攘夷なのかのぅ。
もちろん国益を確保する為には、軍事的にしろ経済的にしろ何らかの国威を示さねばならなないのは当然であるし、ゆずり合いありがとうの精神など国際社会においては何の役にもたたず、主張すべきところは主張しなくてはならない。そのいい例が中共による我が国との境界にて行われているガス田開発問題であろう。

しかしなんでも強硬論がいいということではないはずだ。
我が国には「名より実をとる」という言葉もある。変に面子にこだわり大局を見失うが如きは結局国益に反するものであろう。
一時の恥であってもこれを忍び、後々大きな結果を得ればそれでいいではないだろうか。
特に今の日本人にはかつての日本人の美徳である「忍耐」がかけている。
右派が古き良き日本の伝統の守護者を自負するならば、感情論を捨てて大局を見据えた主張をして欲しいものだと思うがいかがだろうか。
まぁ今回のケースの場合はともかくとして、今後発生する国際問題に際してはこういう見方も必要であると思うし、それを踏まえた上でタカ派的主張をすれば大衆の賛同も得やすくなるのではないかなと思う。
もう精神論や浪花節は聞き飽きたんでね・・・。





4.終わりに

もはや香田氏は覚悟を決めてくれと。
自己責任論への批判も当然あるわけですが、日本人として恥ずかしくない行動をしてもらいたい。
ちなみに拙稿「義人村上 〜日本人は此処に居る!〜」はご覧になられたでしょうか。
この事件も時期こそ違いますが、外国において匪賊というかゲリラが列車を襲い、日本人ら乗客が人質として捕らえられた事件です。詳細は拙稿の通りですが、村上氏のような毅然とした態度をとれれば、今回拉致された香田氏はたとえ殺されたとしても多くの国民から悼まれ、また尊敬されるやもしれない。泥臭くとにかく生き残り再起を図る中国人精神もあるが、日本人はどちらかと言えば潔さを尊ぶ民族ですし、どちらが受けがいいか・・・もちろん齢20を超えて自分が何をやりたいか分からず旅に出るような御方にさような難問をぶつけるのも酷かもしれませんね。


で、かような事件の起こる原因となる自衛隊派兵でありますが、左翼とは別の視点で見て、自分はいっそのこと撤退もあり得ると思う次第。
今回の事件を口実に、、というわけではないが、そうでもしないとアメリカべったり寄り路線からの脱皮が図れないだろう。
自分は反米ではないですが、親米でもなく、自主独立が信条ですから、我が国の国益の為に派兵してるならともかくアメリカが戦争しているからそれに加わるという考えは好きじゃない。我が国が真に必要だと判断しての派兵なら拉致されたから撤退なぞ聞く耳は持つ必要ないと思う。
米軍再編の渦に我が自衛隊も組み込まれようとしており、ますます自主国防体制確立は遠のくばかり。
確かに役割は増えるかもしれないが、それはあくまでアメリカ中心の世界支配の一翼を担うという意味での役割に過ぎない。
我々は半世紀前になぜ戦争をしたのか、もう一度考える必要があろう。

もとより現在の不況から未だ脱出できない我が国の国力を考慮すればまだまだアメリカの手先、属国扱いを受けるのも仕方ない現実がある。臥薪嘗胆でここは忍び国力を養い世論を健全化する時期なのだろう。しかし民族自決は日本のみならず世界中の有色人種国家の希望でありアングロサクソンによる一局支配が正しいはずもなく、我らも何時の日か覚醒しなければならないということを忘れてはならない。

図書室へ戻る