軍艦名の制定規則

軍艦の名前というものは各国ともそれぞれ固有の原則に従って、つけている。
地名であったり人名であったりと色々あるが、帝国海軍では艦名をつけるとき、次のような原則に従っていた。
ちなみに軍艦の名を決めるのは天皇陛下である。

<戦艦>
古代日本の国の名前からとっていった。
まぁこれは誰でも知っていることと思う。
大和とか武蔵、長門に日向、陸奥というふうに各国の艦名の付け方の中でも地名が一番オーソドックスな方法である。
やっぱり戦艦は主力艦であるので、こういう付け方にしたのであろう。

<空母>
空母は航空基地としての役割を持つだけあって、その特徴に合わせたのか「鳥」や「竜」の名前をつけていた。
翔鶴とか瑞鶴とか、飛竜などである。
ちなみに赤城や加賀、それに信濃は、元々戦艦として建造された艦を空母に改装したので艦名は戦艦の国の名前をもっている。
これは例外。

<(重・軽)巡洋艦>
これらの艦には日本各地の山や川の名前からとった。
無論、日本というのは内地だけを指すのではない。

<駆逐艦>
陽炎や吹雪、秋月のように駆逐艦には気象や天文に関係する名前をつけた。

<潜水艦>
これはまったく特殊で「いろは」順と番号でつけていた。
伊号○○潜水艦とか呂号○○潜水艦というふうに。
ちなみに伊号が日本海軍の主力の艦隊随伴型潜水艦で呂号は概ね、離島防衛などの局地用の潜水艦であった。

戻る