Win95環境下における98Dosゲーのメモリ確保・起動

注意!!

以下の記載に
 Windows95環境
とあるが当然ながらNEC製PC9800シリーズの実機上でWindows95をインストールした環境を指します。
DOS/V規格機にWin95を入れたところで当然98Dosゲームは動作するわけがないので誤解無きようお願いします。
Dos窓での設定方法
Ms−dosモードでの設定方法

始めに・・・・

 まず98Dosゲー(以下Dosゲー)を起動するにはWindows95の「Dos窓」か「Ms−dosモード」の二つの方法がある。

 Dos窓は95上で動かすのでなんとなく気軽に出来る。ただもともとDosゲーはWin上でやることを想定してないので予期せぬエラーが発生するものもある。そういうゲームはMs−dosモードで実行するのだ。Ms−dosモードは従来のDosとほぼ同じでDosヴァージョンが7.0となっている点が違うだけ。ほぼ全てのDosゲームが問題なく動く。(例外あり)ただ、再起動が必要なため不便だ。
 
 Dos窓はスタートメニューから「Ms−dosプロンプト」を選択して実行すればいい。
 Ms−dosモードは起動時に「f・8」キーを押してDosプロンプトを選ぶか、終了時に「Ms−dosモードで再起動する」を選べばいい。

 基本的にDosはコマンド入力がメインである。上記の方法でDosプロンプト(「A>」の状態)になったらそこからゲームのディレクトリを指定しバッチファイル名を打ち込んで起動・・・というのが本来の姿だ。
 でもそれはめんどくさい。95のエクスプローラでバッチファイルをダブルクリックして起動した方がよっぽど楽だ。次項ではそれについて解説する。

Dosゲーのバッチファイルの設定

 ゲームのインストールは省くとして、次にバッチファイルの設定をしなくてはならない。
 95上ではDosアプリケーションのバッチファイルをダブルクリックして起動するとDos窓で実行する。これは初期設定が】Dos窓で実行】になってるからだ。しかし全てのDosゲーがDos窓で実行できるとは限らない。メモリが足りなかったり、Ms−dosモードで起動しなければならないゲームが多々あるのだ。
 そこで本項ではバッチファイルの設定を取り扱う。

 では解説には俺の所有する98Dosゲーの「分裂守護神トゥインクルスター」のバッチファイル「TSTAR.BAT」を使っていくこととする。


まず上のMs−dosバッチファイル「TSTAR.BAT」を選択しプロパティを表示させる。そして何もしないですぐ閉じる。
すると同じフォルダ内にショートカットが作られるハズだ。探し出してくれ。下のようなヤツだ。こうすればショートカットをスタートメニューに置けるというわけだ。



 そしてショートカットのプロパティを開く。以下は図を使って説明していこう。

 設定前にDos窓でやるかMs−dosモードでやるかを決めてもらう。Dos窓でやる場合はこのまま読み降っていって下さい。Dos窓で何らかのエラーが起きた場合などMS−DOSモードでやる場合は2から読んで下さい。
 最初Dos窓でやって不都合が起きたらMs−dosモードにするというのが一般的です。

1.Dos窓でやる場合の設定方法

 1−1 プログラム項

 

 まずプログラムの項目をクリックしてこの画面にする。この項目での設定は・・・
 @バッチファイルの「DOSIME」を消す。
 Aプログラム終了時にウィンドウを閉じるをチェックする。

 以上二つだ。ここまではどっちのモードでも同じだ。終わったら次の項目へ行く。
 なお、Ms−dosモードへの方は「詳細設定」をクリックしての方法を読んでいただく。


 1−2 メモリ項



 次の「フォント」項は飛ばして、メモリだ。
 この項目では図のように全てを「自動」に設定すればよい。


 1−3 スクリーン項



 この項目では
 @【使い方】の中の「フルスクリーン表示」にチェックする。
 A緑の線で囲ってある【高速グラフィック処理】にチェックを入れる。するとその下の項目に触れる事が出来るようになる。
 B図のように画面モードの初期値を16色にし、グラフィックスVRAMの切り替えにチェックし、GDCにチェックし、その右の初期値なんたらをチェックし、フォントの読み書きにチェックしたら次にいく。


1−4 その他項




 この項目では・・・
 @「スクリーンセーバーを使う」のチェックを外す。
 A他のプログラムの優先度を「低」にする。
 B【Windowsショートカットキー】の中の「alt+enter」のチェックを外す。
 Cマウスの中の「マウスポインタを表示しない」にチェックをする

 全ての1−1〜1−4までの全ての設定が終わったら画面右下「OK」をクリックして設定終了だ。おつかれさん。


2.MS−DOSモードでやる場合の設定方法

2−1



 最初のプログラムの項で【詳細設定】をクリックするとこの画面になるハズだ。

 この画面での設定は順序がある。図に示してある通りだ。


まず【Ms−dosモード】にチェックを入れる。すると以下の項目に触れることが出来るようになるので、そこで「新しいMs−dos設定を指定する」の項目にチェックを入れる。

 そしたら下の設定をクリックして次に進む。



 2−2





 ここではゲームを快適にするためにキャッシュを設定します。図のようにチェックを入れて下さい。
 しかしメモリを多く使用するゲーム(例、VGU等)は何もチェックしないで下さい。
 終わったら下の「OK」をクリック。


 2−3





上の項目でチェックし終わったらこの画面に戻ります。

次に【MS−DOSモード用CONFIG.SYS ファイル】の中に一文を追加書き込みしてもらいます。
図で下線をしてある部分です。書き込む場所を間違えないように注意してやって下さい。

以上終わったら「OK」をクリックして一番最初の画面に戻り、さらに「OK」をクリックして設定終了となります。


戻る