(C)戯画

平成15年12月19日発売。

あの格闘ゲーム「ヴァリアブル・ジオ」の続編です。
とはいえ、キャラは総入れ替え(一部除くw)となっており、まったく新しいゲームと言えます。
VGシリーズは今までいくつも出ていますが、本作は格闘ゲムではなく、VGをテーマとしたアドベンチャーとなっています。

OPにI've soundが使われています。
主題歌は「We survive」、ボーカルはkotoko嬢です。かなりいい歌です。
Hシーンはフルアニメーション、っていうかアニメオンリーです。ちと残念か?
回想モード、音楽モード完備。

なお、第4話のダイアンの回想シーンでゲームが強制終了してしますバグがあります。
σ(-_-)もやられました。
オフィシャルサイト(戯画ホームページ)にて修正パッチが配布されてますので、導入して下さい。
ゲームを進めてからパッチをあててもセーブデータ等には影響ないので慌てて導入する必要はありません。こういう症状が出た方のみ・・。




 -攻略-

基本的にこのゲームは一本道なんで実は攻略なんてなかったりする(ぉ
普通に進めれば全CG、ムービーを回収できます。
ちなみにムービーはインストールしたフォルダにdat形式で置いてあるんでWindows付属のwindows Media playerかなんかで無理矢理開けば見ることが出来ます。ファイル名もズバリそのままなんですぐわかるかと・・・。

とりあえず、普通に第一話(以下本編と称す)から話を進めて下さい。
どうも腑に落ちない終わり方のままエンディングを迎えます(笑
すると、エンディングの後、新たなシナリオを予感させるムービーが流れます。

タイトル画面に戻り、「start」をクリックすると、
 「プロローグから」
 「第一話から」
 「裏ルート」
と表示されるので、迷わず、「裏ルート」を選択してください。
これがいわゆる「お兄ちゃんの物語」です。なお、長ったらしく本編と変わらない回想シーンはスキップ機能により飛ばすことが可能となります。

これまた一本道のシナリオですが、選択肢を間違えると、本編と同じエンディングを迎えてしまい、真のエンディングにたどり着けません。
また、選択肢次第で本編ではなかった話も見えます。以下大事な選択肢だけ抑えておきます。
とりあえず優の選択肢では「お兄ちゃん第一」で行けば間違いないです( ´▽`)ノ


第二話 やっぱり電話しない →×(本編と同じエンディングへ)
M・Y・home」に電話する →×
沙奈理の携帯に電話する ×
「雅貴の携帯に電話する」 →○
第五話 (桂の試合直前)
「アンナさん」 →なにもなし
「洋さん」 →本編にはなかった回想シーンへ
第六話 「立ち去る」 →なにもなし
「もう一度…」 →本編にはない話へ
最終話 裏ルートのみ次の選択肢が出ます。
(出なかった場合は失敗ということで最初から選択肢に注意しながら裏ルートやりなおし┐(´ー`)┌)

「優…ごめん」 →次の選択肢で「目を閉じて、全てを諦める」を選ぶと優とのエッチシーンを見られるがバッドエンドへ 
「優香…」 →次の選択肢で「目を閉じて、全てを諦める」を選ぶと優香とのエッチーシーンを見られるがバッドエンドへ


「目を閉じて、全てを諦める」 →上記の通り。
「諦めるのは、俺の命だけでいい」 →直前の選択肢に拘わらず真エンドへ


真エンディングも、なんか続編を匂わせる感じですが、とりあえずこのゲムはこれでお仕舞いです。
たぶん、後継作が出るんでしょう('-'*)
そうでないと優かわいそうだもんね。

戻る